セキュリティブログ

Original

なぜIT資産管理が必要なのか?管理の方法は?

IT資産とはPC、サーバー、プリンター、ネットワーク機器と言ったハードウェアを指します。その他にOS、表計算、会計、グラフィックと言ったアプリなどのソフトウェア、そしてソフトウェアのライセンスもIT資産と呼ばれるものです。


なぜ管理が必要なのか

法令遵守
違法コピーのOS、アプリを使用したり、使用期限を忘れてそのままライセンス切れのまま使っていると損害賠償請求の訴訟となったり、会社のイメージの低下につながります。

情報漏洩
使用しているIT資産すべてのセキュリティ対策を漏れなく実施する必要があります。漏れがあるとそこから漏洩するおそれがあります。資産がどのくらいあり、どのような使用状況か把握していなければ管理はできません。

コストリスク
資産が管理できていなければ必要のないハードウェア、ソフトウェアを維持するコストが発生します。管理できれば使用を止めたり、新たに追加で購入するコストの無駄を省くことが可能となります。


どのような方法があるか

ではIT資産の管理はどのような方法があるのでしょうか。

エクセルで管理
管理する資産が少ない場合はエクセルで作成した台帳でも管理は可能でしょう。しかし資産が増えてくると手間が膨大に増え管理が杜撰になり、実情と違った台帳が出来てしまいます。

専用のIT資産管理ソフトウェア

専用のソフトウェアであればハードウェアもソフトウェアもライセンスも漏れなく資産の情報を収集でき、見やすいリストにしたり条件を指定して検索しCSVでエクスポートすることも可能です。IT資産はこれからも増え続けるので効率的な管理にはIT資産管理ソフトウェアが欠かせないものとなるでしょう。


情報漏洩を防ぐクラウドサービスLogKeeper

ログキーパー(LogKeeper)は、社内PC向けの「アクセス管理」「セキュリティ管理」「資産管理」「電源・省電力管理」をクラウド環境でご提供するセキュリティプラットフォームサービスです。


お問い合わせ
ログキーパーに関するご相談はお気軽にお問い合わせください。
専門のスタッフがお客様のご相談にお答えいたします。

お電話でのお問い合わせ
0120041414